花の王国あいち

図:平成27年産花きの産出額(出典:生産農業所得統計)

花の生産54年連続日本一

 愛知県は、昭和37年から花の産出額が日本一であり、品目別でも、きく、洋らん、ばら、観葉植物は日本一の産出額を誇る「花の王国」です。
 愛知県の平成27年の花の産出額は576億円であり、2位の千葉県と比べるとその額は約3倍にあたります。

図:あいち花マップ

あいちの花の特徴

 県内全域で、地域の特色を活かした多種多様な花が生産されています。
 特に東三河地域では、県全体の約7割の花が生産されています。

シンボルマーク

 ~ひげは葉、王冠は花をイメージした王様の顔~
 このシンボルマークは、愛知県が日本一の花の産地であることを皆さんに知っていただくために作成したもので、平成27年12月25日付けで商標が登録されました。

画像:シンボルマーク
 (登録第5815223号)

あいちの花の小話

 あいちの花についての説明や、ちょっとした豆知識、そして一般的な花の栽培方法について冊子「ハナシのタネ」を作成しました。